« 実際のところ。。。 | トップページ | サービス »

ORTの給料

 

ではさっそく昨日の続きを。。

かなり長いですが、どうか最後まで

読んでいただきたいです。

 

 

ひとくちに

国家資格と言えども、そこには

深い階級社会が根付いています。

まさにピン・キリの世界なのですが、

医療系はその中でも比較的

あっさりしているかもしれません。

 

まずはだいたいの相場から。

 

・大学病院勤務のORT     手取り25万(役職で30万弱くらい)

・総合病院勤務のORT     手取り20万(役職で25万弱くらい)

・個人眼科勤務のORT     手取り25~30万(規模によって差がでる)

・レーシッククリニックのORT  手取り30~40万(役職は40万超え)

 

といった感じでわりと差がありますよね。

…ん?

ちょっと待ってください?

んんsign02

 

レーシッククリニックのORTやばくないですか?

手取りで30万以上もらってますよsign02( ゚д゚)ポカーン

 

えぇ。そうなんです。

しかもこの額、なぜ幅をもたせたかというと、

ORT一年目の新卒でさえ30万もらえるからなんです。

もちろん三年目、四年目のORTは

昇給に応じてもっともらっています。

すごいですよねsign03

当然クリニックによってはもっともらえるところ、

逆に30万に満たないところもありますが、

それでも圧倒的にレーシック系ORTの給料は他の病院に比べて高いんです

まぁレーシック関係の求人を調べればすぐに

わかってしまうことなんですが、あえての暴露です!!smile

 

 

さぁ、、なぜでしょう。

なぜレーシック系のORTの給料は高いんでしょう。

こんなにもらっていいんですか?

いいんです!!(川平じえい風に)

 

これは完全なる僕の持論ですが、

はっきりとした理由があります。

 

普通の眼科の仕事というと

例えば

①視力検査をする          ②視野(目の見える範囲)の検査をする

③ドライアイかどうかを調べる   ④入院患者の眼の状態を調べる 

⑤眼の疾患が進行していないかの定期検診

とまぁ、大きく分けてこんな感じになります。

つまり何が言いたいかというと

大学病院や総合病院では主に

『経過観察』が仕事なわけです

病院の経営は基本的には保険点数によって

左右されるところが大きく、

経過観察は非常に重要な役割を占めます。

 

ではレーシックについてはどうでしょうか。

ぼくたちレーシック系ORTは、

①レーシック可能かどうかの適応検査をする

②手術日の検査をする

③手術後の定期検診の検査をする

というのが仕事の内容になります。

 

さてここがポイントです。

“眼を検査する”という同じ仕事内容であるにも関わらず

上記したような給料の差がでるのはなぜなのか。

 

それは、ぼくたちレーシック系ORTの検査結果が、

直接オペに影響するからです。

当然のことながら、

手術の執刀医はドクター。

実際に手術を行っているのはレーザー。(機械。)

しかし、手術のデータを出しているのは、

ぼくたち検査員なんです。

「どの検査結果を手術に使うのか」

「果たしてこの眼は手術が可能な眼なのか」

最終的に判断するのはドクターですが

検査結果の重要性を考えると、ぼくたち検査員の責任

とても大きいと僕は考えています。

 

【他の病院では、視力が1.0出ればもう十分。視野欠損が多少進んでもまた経過観察。

 ある疾患外来では視力が全く出なくても問題なし。

 「とりあえず経過を調べる検査」】

と、

【視力は見える最高のところまで。できるだけ正確なデータを出す。

 疑わしい結果には期間をあけた再検査。

 「本当の眼の状態を探る検査」】

では全然違うんです。

まぁストレートに言うと、

売上に直接関係しているかどうかって話ですcoldsweats01

  

 

こんなことから僕はレーシックに携わるORTの給料が高いのは

当然のことであり、最も「責任が問われる」ORTの職場hospital

の一つだと考えています。 

 

レーシックに携わっているORTの方々で

もし肩身の狭い思いをしている方がいるなら、

どうかこのブログで少しは楽になっていただけたらなと

思います。 

  

そしてあわよくば、レーシック系ORTで、

一度飲み会でも開きたいものですconfidentbeer

 

 

この考えにみなさんがどう感じるか

ぜひコメントを。

よろしくですdelicious

 

 

|

« 実際のところ。。。 | トップページ | サービス »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
名無しさんなので、なんて呼ぶか考えましたが、とりあえずスルーしてみます。笑
レーシックの術前検査は、レフケラ、眼圧、視力検査、スペキュラーといったところはおっしゃる通りです。あとは角膜の厚みを調べるために超音波パキ、暗所瞳孔を調べるOPD、角膜の形や収差を調べる形状解析装置での検査などが3種類ほど。それから眼底検査と調節除去のため、散瞳を行います。
ざっくりですが、こんな感じです。
ORTの方ですか?専門用語でコメントされたので、そのまま専門用語を使ってしまいましたがcoldsweats01

投稿: Re: | 2010年3月26日 (金) 12時37分

はじめまして。
レーシックORTをされているということで、質問させてください。
具体的に術前検査は何を行うのでしょうか?
白の検査と同じような内容ですか?
レフケラ、スペキュラ、視力、Aモード、ハンフリー(GP?)、眼底カメラといったところでしょうか?

投稿: | 2010年3月25日 (木) 23時44分

こんばんわsmile

先日初めてコメントした者です!確かに僕もハローワークでORTの求人を検索した時、レーシック専門眼科だけ給料が飛び抜けて良いのにビックリしていたのですが、普通の眼科とはそういう違いがあるんですね・・・。大変勉強になりますhappy02

僕自身、どの眼科の分野で働くかまだ決めてはいないんですが、ところでどうしてみにどらさんはレーシック専門眼科をお選びになったんですか?

投稿: らいらっく | 2009年8月 5日 (水) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242878/30798880

この記事へのトラックバック一覧です: ORTの給料:

« 実際のところ。。。 | トップページ | サービス »