« 雪!!! | トップページ | 限界。。。? »

視力検査

 

どもっ!

最近、FFやりすぎてgameやや寝不足気味の

みにどらでございやす(* ̄ー ̄*)

 

最近は便利なもので、インターネットを利用して、

誰でも簡単に様々な情報を得ることができます。

“2ちゃんねる”や“mixi”など掲示板やコミュニティといった

ソーシャルネットワークサービスなるものも

増えてきています。

例えばレーシックに関することも、わりと書き込みとかされていて、

世間の人の不安や興味はこんなことにあるんだなぁと、

思うこともあります。

ちなみに2ちゃんねるは誰でも書き込みができるので、

やや中傷的、批判的な内容も少なからず書かれています。

その点、mixiは「誰かからの紹介」がないとサイト内に入れない

仕組みになっていますので、ある程度モラルが守られている

というのが特徴的です。

 

 

 

実は先日、その2チャンネルの書き込みでこんな内容を目にしました。

レーシックの適応検査における、視力検査の場面。

「赤と緑とかよくわかんないし、右とか左とか

 どこ開いてるかもよくわかんない時あるし、

 全部機械のデータで手術したほうが絶対いいだろ。」

いやいやいやいやいや!!!

それはとんでもない間違いですよ!

Σ(゚д゚;)

機械の結果だけでレーシック手術したら、

これは大変なことになりますcoldsweats02sign03

 

まず、このコメントにあった赤とか緑というのは

おそらくこれのことでしょう。

Dvc00197  

 

『赤試験

という名の、れっきとした検査ですflair

眼鏡やコンタクトを作ったことのある方なら、

一度はやったことがあるでしょう ( ̄0 ̄)ノ

赤いほうと緑のほうの線(丸)を見比べて、どちらが鮮明に、

濃く見えているかを調べる検査ですeye

僕も検査中に、

「この赤と緑のって何なんですか??」

とよく聞かれます。

まぁ単純に説明すると、

 

・赤いほうの線が鮮明に見える

 ⇒  まだレンズが低矯正!

・緑のほうの線が鮮明に見える

 ⇒  もうレンズが過矯正!

 

という屈折の状態がわかる検査ですsign01

もちろん完ぺきな検査ではありません。

人によっては、どんなにレンズを入れ替えても、

ずっと赤と緑が同じ見え方(差がない)だったり、

常に赤がよく見えたりと、

眼の視覚機能によってかなり差がある印象を受けます。

ほんとに、“目安”といった感じですcatface

 

 

通常、眼鏡を作る時には、

あまりしっかり両眼の度数を合わせてしまうと、

頭痛がおきたり、眼精疲労になったりするので、

若干弱めに処方するのが基本です。

(右眼は1.0、左眼も1.0で、両眼で1.2 みたいなねscissors)

つまり、赤緑試験では、

「赤がよく見えます!」

というレンズで組み込んでいくわけです。

ちなみに「両方同じくらいに見える」時が、

眼にとってぴったり、ちょうどいい矯正というサインなんです。

 

ではコンタクトはどうか。

眼鏡と比べると、眼精疲労や頭痛は起こりにくくなりますが、

それでもやはり強すぎるのは良くないので、

こちらも赤緑試験で見え方の状態を確認します。

まぁ、「同じ」か、「ちょっと赤がはっきり」

くらいがいいんでしょうかね。

 

 

ではこれをレーシックの検査ではどのように使っているのか

ちょっと頭痛くなってきたので、次回に続きます。

すみません。。。

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

続きを読む

 

|

« 雪!!! | トップページ | 限界。。。? »

レーシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242878/33258834

この記事へのトラックバック一覧です: 視力検査:

« 雪!!! | トップページ | 限界。。。? »